FC2ブログ

私の覚え書き

デジカメなどの覚え書きを中心に。。。

GPSデータの整理

先日来、BD-1でうろうろした後、GariminのGPXデータをGoogleMap上に表示し、「ここで道間違えてうろうろしてら。。。」と後で喜んでいました。
この方法はこちらを参考にさせていただきました。
すなわち、GariminをUSB接続してCurrent,gpxを適当なフォルダに保存の後、GPS Visualizerを起動。
右側のFile #1のところで参照→上記gpxファイルを選択してその下の「Create KML File」を押す。
少し待つと、「***.kmz」というファイル(ショートカット)が作成されるので、これを右クリック→ショートカットのコピー
として、GoogleMapに貼り付けるとルートが見事に表示されます。

しかし、昨日の記事に記載したように、途中にいろいろ寄るとルートデータがぶちぶち切れたり、Garminの電池切れの
ところがデータが途切れていたり、時に変なログが残っていたりといただけません。

いろいいろ検索すると、編集・整理する方法があるようで、試してみました。参考にしたのはこちら
以下、私の覚え書きなので、保証しかねますので、参考としてご参照ください。

まずはこの界隈の方々では有名なソフトと思しきカシミール3Dをインストール。
カシミールは地図データを基本は外部から導入するようですが、取り急ぎ使うためにはこちらに記載のうちのフリーのデータとして
例えばウォッちずなど利用することができるようです。
こちらのプラグインをインストールすると、まずは利用できるようになります。

まずはgpxデータの読み込みで、カシミール3Dの「メニュー→ファイル→GPS各種ファイル」で先に保存したデータを読み込みます。
すると、ログされたデータがまずは表示されます。
しかし、上記したように、変なデータが含まれていたり、間が空いていたりしています。
そこで、データを編集します。

編集→GPSデータとすると、ブチブチ切れたActirveLogデータのリストが表示されます。
これをダブルクリックすると、「トラックデータ編集」というウィンドウが開き、
トラックデータに従い、ポイントが順次地図上に表示されます。

① 余分なデータの削除
不要なポイントについて右クリック→削除で不要な部分を削除します。削除しても地図上では消えていないので、
「上書き保存」ボタンを押すと削除されます。

② 切れたトラックの接続
途中でコンビニによってデータが途切れたようなときは、データはそのまま繋げれば良いので、
「GPSデータエディタ」画面上で複数のActiveLogをシフトを押しながら選択して右クリック→トラックの接続
をすると、一つにつなげることができます。

③ トラックデータの補間
電池切れのまま走行した場合、途中のデータがなくなっており、②で接続すると直線接続されてしまい、いただけません。
地図上で、右クリック→新規作成→ルートの作成で左クリックで順次作成し、最後のポイントで右クリック→確定
します。すると「ルートデータプロパティ」というダイアログが出ますので、適当にデフォルトの「新規」で「OK」。
地図上には作成たデータが表示されていますので、適当なポイントを右クリック→トラックの操作→ルートへ変換
すると「GPSデータエディタ」ウィンドウ上へ「新規」というのが追加されます、それをmergeしたい位置へドラッグして
②と同様に接続すると連続したデータにすることができます。

以後、間引きやポイント編集はまだ勉強につき後日。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/19(月) 16:45:32|
  2. bd-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャズドリーム長島へ行ってきた | ホーム | 中部国際空港(セントレア)へ行ってきた>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zauandwish.blog101.fc2.com/tb.php/77-105f5362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)