nimoの覚書き

zaurusなどの覚書きを中心に。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

bd-1購入

bd-1を買いました!

 自転車は全くの素人。輪行がしたくてフォールディングの勉強を始めたのが去年の夏。「大好き!折りたたみ自転車&スモールバイク」という本をまず買い、お勉強の開始。
 ある程度の走りも求めていたので、最初に目がついたのがPacificのIF REACHでした。折りたたみの中では大き目の20インチでワンタッチの半分折り畳み。サスもあり前後で18speedで18.9万円とお高めですがこころはほぼ決まっていました。名古屋市の某サイクルショップJに現物が展示してあり、わざわざ高いところのディスプレイを下してもらってまたがってみましたが、折りたたみのサイズが大きく、輪行にはややきついかと。。。
 何よりも気になったのは、インターネット等で見ていると、この自転車の話題がほとんどないこと。Pacificというのは台湾の(OEMも含めた)有名メーカとのことでしたが、情報がほとんどありません。どうもフォールディングといえば、bd-1、Brompton、Dahonなどの様子。輪行を考えた時の折り畳み寸法も勘案して次第にテンションがダウンしていきました。
 小牧市内のサイクルショップ。優しい店員さんと豊富なディスプレイ。試乗車もありました。最初に心を惹かれたのはBromptonの折り畳み性の凄さ。ありえないくらいコンパクトになります。ただ、いい値段がすること、コンパクトな割には重いこと、サスがないので市街地での段差が結構気になることから断念。ハンドルもかなりクイックでした。そこでたどり着いたのがbd-1.スポーツ車として有名なこと、リンク式サスで段差がかなり緩和されていることから、高いですがspeed9でほぼ心は決まりました。
 この頃、ふと雑誌を見ていたら、BianchiにFrettaという自転車があることを知りました。見たところ、どうみてもbd-1.OEMで細部のパーツを除けばメイン骨格は全く一緒ということがわかりました。しかも価格は万円オーダで安かった。更に、ネットショップにいろいろ問い合わせていたところ、気になっていたグリップシフトは2011年モデルでレバーシフトに変わるとの情報。更に、スタンドも標準装備になるということで完全に決定。。。ところが、気が付いてみれば11月。だんだん寒くなって心は冷めていきました。
 春が来ました。暖かくなり、また心がふつふつと。あと1年かもしれない単身生活を考えたとき、今しかないと決断。ただ、Frettaの色がいまいちなのと、やはりbd-1とのブランド差。再び小牧のあの店に行っていろいろ算段。真っ赤な車体でcomfortという12万円くらいの廉価版が2011年モデルにあることを知りました。Frettaやstandardとの違いは大きくはギアが7速なのと、ステムが立っていること、そしてサドルが名前の通りcomfortなこと。そこまで力走する訳でもないし、この真っ赤な色が忘れられず、ついにこいつを購入しました。これからが楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/28(木) 22:10:49|
  2. bd-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。